すのこベッドを購入するときに気を付けたいこと

ベッド

使い方を間違えるとカビが発生する

カビ対策に最適とされているすのこベッドですが、使い方を間違えてしまいますとカビが発生してしまう場合があります。すのこを敷きっぱなしの状態にしておきますと、布団と接触する面が多くなることで湿気に触れる機会が多くなります。湿気はカビを発生させてしまう原因になりますので、きちんと手入れをする必要があります。すのこベッドのカビを防ぐ方法としては、こまめに布団の上げ下げを心がけることです。そのまま放置をしておかずに、きちんと湿気を逃がしてあげることが重要です。すのこベッドはカビ対策におすすめですが、使い方を間違えてしまいますと逆にカビを発生させてしまいます。特に日本は湿気が多い国ですので、快適に眠るためにも正しい使い方を心がけましょう。

女の人

すのこベッドの正しい活用方法とは?カビ対策も併せてチェック!

すのこベッドにカビが生えてしまいますと、アレルギーや健康への影響が心配になります。カビの発生を抑えるためにも、正しい方法で利用をすることが重要になります。すのこの上にマットレスを放置したままにしておきますと、湿気が籠ってしまいカビができやすい状況を作ります。カビの発生を抑えるためには乾燥をさせることが重要ですので、マットレスは日光に当ててきちんと乾燥させましょう。マットレスは寝ている間に汗を吸収していますので、乾燥させることで湿気を解消することができます。すのこも同じように日陰に干して乾燥をさせまましょう。すのこベッドとマットレスの間に除湿マッドを利用することで、効果的に湿気を抑えることができます。