すのこベッドの相場!どうして値段が違ってくるの?

女の人

家具店・ネット通販の費用相場

すのこベッドの費用は、木の種類によって相場が変わります。通常、ベッドを購入する場合は見た目のデザインや大きさなどで選びますが、すのこベッドの場合は素材を選ぶという新しい注目点が鍵。日本人は木材の目利きが鋭いですから、良い素材を選んでそれぞれの特徴で比べると良いでしょう。基本的に湿気に強い木材で、上等な家具にも使われているものがおすすめですね。例えば桐は、昔から箪笥にも使われている上質素材。相場は5~6万円程度が無難なラインでしょう。高級な風呂桶にも使われるヒノキは、防虫性が高く腐りにくいのも魅力。相場は7~8万円程度がおすすめのラインです。安いところならスギが手頃で、相場は2~3万円といったところ。松の一種のパイン材は、輸入素材ですがやわらかいぬくもりが魅力で、相場は4~5万円といったところでしょう。

ベッド

激安ベッドを購入するメリット・デメリット

ベッドは睡眠の質を左右するとても大事な要素です。激安ベッドもありますが、やはり1~2万円程度のベッドには肉体をしっかり休ませるだけの機能は期待出来ません。何が一番のデメリットかと言うと、ベッド自体が軽く、上で寝返りを打つ時の振動や衝撃を吸収するだけのパワーがないことです。人間の重さを受け止めることが出来ないので、ちょっと動くたびにきしんだり、すぐに形が崩れて力の分散バランスが悪くなってしまったりします。何が原因かはわからないけれど、なぜかぐっすり眠った気がしないというのはベッドのせいかもしれません。ベッドマットの硬さや弾力にはこだわる人が多いですが、実際には全体を支える骨組みのほうに問題がある場合も多いのです。すのこベッドは、比較的リーズナブルでありながら、しっかりとした木材が人の重さを支えてくれるので安眠出来る傾向にあります。激安ベッドのメリットは安さだけですから、価格だけの問題なら、すのこベッドを選んだほうが良いでしょう。